生きてるだけで、愛。

こんばんは。

この前生きてるだけで、愛。観てきました。

感想書きます。


これは鬱で引きこもりの寧子とその寧子と同棲する出版社で働く津奈木の2人の関係性を描く物語です。この映画における寧子は鬱で引きこもりで社会的にははみ出し者で普通とは違う人として描かれてた訳なんですけど自分はこの主人公にものすごく共感しました。この主人公に共感できるか否かが作品の評価に直結してる気もしてます。寧子は引きこもりではありますが作中なんやかんやで喫茶店のバイトを始めます。最初こそ遅刻したり仕事でミスをしたりと上手くいきませんが次第に慣れ、周りの従業員とも打ち解けてきます。ですがある日のバイト終わりの従業員との食事の中で自分と周りの人との価値観の違いに気づいてしまいます。ここでの寧子の心の葛藤がわかるな〜って感じでした。周りに悪い人はいなくてむしろ良い人ばかり。そんな状況の中で自分だけ感覚がズレてる。それでなんだか会話が辛いなぁと感じる。自分もこの状況無限に経験してきたので見てて辛かったです。自分と感覚が合わない人が世の中にはたくさんいるってのはわかるし、合わなければ合わせる努力も多少はしなきゃいけないってのもわかるけどそれが上手くいかない。だから生きてて辛いなぁと感じることが多い。でも主人公の寧子はそこで感じた不満を溜め込まないで言葉にして同棲している津奈木に伝えていました。理解してくれるかどうかは別として話を聞いてくれる人が側にいることは大切だなぁと思ったり。そして津奈木も良い役でした。普段津奈木は寡黙で寧子の話もとりあえず聞いて相槌をうつぐらい。でも仕事で上司に楯突いたりと意外と芯のあるカッコいい役でした。津奈木は寧子と違って寡黙で淡々としてて上手く社会に溶け込んでいるように見えるけど多分それは我慢してるだけで寧子の持っているような生きづらさを多少なりとも持っているのだろうなぁなんて思いました。

2人ともとても人間臭くて良いなと思いました。


演出もすごく良かったです。作中で度々出る夜の街並みも綺麗で劇伴も良く、ラストの2人がお互いの気持ちを伝え合うシーンも最高でした。


この作品、去年見た勝手にふるえてろと似てるなと思いました。少数派、もしくは声の小さい多数派の心情が上手く描かれているタイプの作品だなと。

良い作品に出会えて良かったです。それでは。

坂道

年を取れば色々な物事に対する興味は徐々に薄れていくものなのかなーなんて昔は思ってたりしました。周りの大人を見ながら。そして自分自身も最近今まで好きだったアニメや声優への興味が薄れていっているなーと実感していて、「あぁ、とうとう自分も大人になってしまったのかなぁ」なんて思ってました。じゃあ今までアニメや声優に費やしていた時間やお金は今何に対して費やされているのか。アイドル(乃木坂、欅坂)なんすよねこれが。今回はこの2つのアイドルグループについて適当に書きます。

 

まず欅坂46。このグループに関してはデビュー曲のサイレントマジョリティーのMVが公開された辺りから知ってました。初めてMVを見たときはサビの平手がかっこよすぎてビビりました。あと普通に曲がかっこよくてアイドルっぽくないなーなんて思ってました。と、まあこんな感じで欅坂を知るわけなんですけどその後はそんなに追ってなくて、新曲が出たら一応MVをチェックするぐらいだったんですよね。じゃあハマるきっかけは何だったのか。それがけやかけなんすよね。けやかけ(欅って書けない?)ってのは欅坂46の冠バラエティー番組です。この番組、バラエティーとしては微妙ですけどメンバーの個性が見える感じの番組なんですよね。このけやかけを見て良いメンバーいっぱいいるやん、ってなって曲もちゃんと聴くかーってなってハマりました。皆さんも是非見てみてください。毎週日曜の深夜にこっそり放送してます。

 

次は乃木坂46。乃木坂は欅の後にハマりました。周りのオタクにけやかけ面白くない?って聞くと乃木中の方が100倍面白いよみたいなことを言われたので乃木中を見て見事にハマりました。見ていて欅とは随分雰囲気が違うなーと感じました。彼女らの雰囲気や個性が曲にも反映されてるのかなあなんて思ったり。あと乃木坂はバラエティーきっかけでハマったんですけどなんだかんだで曲も結構聴くようになりました。良い曲いっぱいあるんすよね、これが。個人的にはきっかけ、Threefold choice、バレッタあたりが好き。MVならインフルエンサーシンクロニシティ

 

両アイドルグループにはまった経緯とかはこんな感じ。今欅は平手がいなかったり、乃木坂は生駒が卒業したりと何かと大変だろうけど頑張ってほしいところです。

 

ちなみに欅の推しは尾関梨香、乃木坂の推しは生田絵梨花です。対よろ。

 

2018年はこんな年にしたい。

こんばんは。新年明けちゃいましたね。めでたいめでたい。暇なので今年の目標をちまちまと書いていこうと思います。

ちなみに去年の目標は

①映画100本観る

②仕事を辞めない

③趣味を一つ増やす

の3つでした。結果として③以外は達成出来たので、まあぼちぼちって感じですかね。趣味を増やすって予想以上に大変ですね。かなり能動的に動かないと厳しいのかな~なんて思いました。多趣味の人ってすごいなーとも思いました。では去年の振り返りはここまでにしてそろそろ今年の目標を挙げていきます。

 

今年の目標は

①映画120本観る

②(仕事以外の)本をたくさん読む(15冊ぐらい?)

③仕事頑張る

④趣味を一つ増やす

⑤もうちょいアクティブになる

 

の5つにします。去年とそんなに変わらない気もしますけど欲張り過ぎるとどれも中途半端になると思うのでこんな感じで。②の本をたくさん読むが15冊って舐めてんのかって感じる人もいるかと思いますがまあ僕自身普段全然本を読む方じゃないので許してほしいです。

ちなみにこの中だったら⑤を一番頑張りたいです。去年自分から行動して良かったなーってことがいくつかあったので今年はその機会を増やしていきたいなーって思います。失敗を恐れずに生きていきたいですね。

 

 

 

 

 

それでは~~~~~~~~~

今年良かったものとか。

こんばんは。久しぶりの更新です。気づけば今年も今日で終わりっぽいので適当に今年を振り返っていきたいと思います。去年同様音楽、映画、本等とジャンルごとにこれ良いなーって思ったやつをまとめます。この作業割と楽しいんですよね、そのときそのときのことも思い出せたりして。では前置きはここまでにして本題に入っていこうと思います。

 

【音楽】

・ベイビーユー  黒猫チェルシー

・ねえ、神様? ORESAMA

・流星ダンスフロア ORESAMA

・c.o.s.m.o.s  内田真礼

ストーリーテラー 田所あずさ

・ステップアップLOVE  DAOKO&岡村靖幸

・あなた 宇多田ヒカル

・プラチナ 赤い公園

・始まりの歌 緑黄色社会

恋?で愛?で暴君です! Wake Up, Girls!

 

とりあえず10曲。入れ忘れたけどようこそジャパリパークへも良かったです。今年も色々良い曲があって良い1年でした。ただ去年より音楽を聴く時間は圧倒的に減った1年だったなーって感じですね。まあ学生から社会人になったわけだしそりゃそうかって気もしますけど。ただライブには結構行ったと思うので来年もそこは継続していきたいですね。

 

【映画】

勝手にふるえてろ

・人生フルーツ

泥棒役者

南瓜とマヨネーズ

・ユーフォ

・ドリーム

・パターソン

・ベイビードライバー

百万円と苦虫女

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

良かったもの、印象に残ったものを挙げるならこの辺。ちなみに数えたら今年映画100本ちょい観てました。年間100本の目標を達成出来て良かったです。

映画をちゃんと観始めてから日は浅いのでアレですけど、今年は豊作だったんじゃないかなーと思います。映画館に観に行って後悔した作品は一つもなかったし。ちなみに観た中で一番面白かったのは圧倒的に勝手にふるえてろ。この前2回目観に行っちゃいました。次点でベイビードライバー。勝手にふるえてろは多分オタクが好きなタイプの作品なので是非正月暇なオタクに観てほしいです。

 

【本、漫画】

去年同様そんなに読んでないのでこれ!ってのがないです。強いて言うならハケンアニメ。アニメ制作の現場を描いた小説なんですけどそこそこ面白かったです。辻村深月の作品は読みやすくて良いですね。

 

【アニメ】

・ACCA

けもフレ

 

これしか思い浮かびません。オタク引退かもしれません。途中までしか見てないですけど血界戦線2期、ボールルーム、グルグル辺りもそこそこ良かった記憶があります。来年はもうちょいアニメ見たいです。

 

 

 

 

おわりだよ~

赤い公園。

こんばんは。

 

皆さん、赤い公園というバンドを知っていますでしょうか。

NOW ON AIRって曲でちょい有名になった4人組のガールズバンドです。

 

 

 

 

このバンド、この曲が収録されている2ndアルバム「猛烈リトミック」が発売される前はもっと尖った曲を出してました。例えばこれ。

全然ガールズバンド感ないですね。独特。ちなみにガールズバンド感って言葉を生まれて初めて使ったんですけどSHISHAMOっぽいかとかチャットモンチーっぽいかとかそんなぐらいの感覚で使ってます。

ちなみにこの頃の尖った感じの曲も全部ではないですけどそこそこ好きです。バンドから客に媚びずに自分たちにしかできないことやってくぜ感が出てて好感が持てます。

 

と、まあここまで赤い公園の中期以前の曲を見てきたわけですけどここで最新のアルバムを見てみましょう。

めちゃ良いですね。全曲好きなんですけど個人的にはプラチナが一押しです。夏の夜のちょっと切ない感じが出ててエモいです。このアルバム、今までのアルバムに比べてめちゃポップで聞きやすいです。初期の頃の感じは大分薄まりましたけど僕はこっちの方が好きだったりします。また、このアルバム、ボーカルの佐藤千明さんが脱退する前最後の作品であったりもします。それを知って聴くのと知らないで聴くのではまたこのアルバムの印象が変わってくる気がします。

 

赤い公園、ボーカルが抜けて3人体制でやってくらしいですけどこれからどうなるんですかね。不安です。最近好きなバンドの解散やらなんやらが多くて悲しいです。それでは。

カップ麺 はなび

こんばんは。

今回はタイトルを見てわかる通りカップ麺です。今週は店で台湾まぜそば食べてないです。すんません。

今回食べたカップ麺はこちら。f:id:khtkiA:20170813225230j:plain


台湾まぜそばの名店はなびのカップ麺です。ここ名古屋が本店で東京にも店を出してるんですけど東京のはこの前行ってきました。普通に美味かったです。ちょっと行列も出来てたので人気なんでしょうね。そんな店のカップ麺ということで期待半分不安半分ぐらいの気持ちで購入。

食べた感想としてはまあカップ麺にしてはなかなかのクオリティだなぁといったところですかね。味付けもそこそこしっかりしてて、具も良い感じに入っててやるやん、ってなりました。あと味とは関係ないんですけどパッケージに、卵載せると美味いよとか追い飯すると美味いよとか表記されてるのが初心者に優しい感じがして好感がもてました。

台湾まぜそば気になってるけど店まで行くのはちょっと…みたいな人に一度食べてもらいたいです。


それでは。

わいず やまの

どうも、台湾まぜそばマンです。

この土日もいつも通り台湾まぜそばを食べてきました。土曜に神田ラーメンわいず、今日やまのに行ってきました。食べたものはこちら。f:id:khtkiA:20170806195902j:plain

f:id:khtkiA:20170806195930j:plain

1枚目がわいずの特製台湾まぜそば、2枚目がやまのの坦々まぜそば。どちらもまあ美味しかったです。特製台湾まぜそばの方はチャーシューが意外と腹にたまり、最後の追い飯までいけませんでした。無念。

坦々まぜそばはそこそこ辛かったです。辛さが1から5まで選べるっぽくて2が普通の辛さって言われたので2にしたんですけどなかなかの辛さでした。5とかにしたら1億%完食出来ないでしょうね。辛さについて言及しましたが味も文句なしに美味いです。店内で自分以外に坦々まぜそばを頼んでいる客も何人かいたようだったので人気なのかもしれないです。


台湾まぜそば、やっぱ美味しいですね。それでは。