休日

暇なので今日してたことを適当に書きます。

 

まず朝7時に起床。休日にしては早い起床時間だなぁと思う。社会の歯車になってしまったのだなぁと改めて実感する。朝食後はNetflixでひたすら「結婚できない男」を観ていた。最近毎日少しずつ観ていたのだけれどようやく観終わった。とても面白かったのだけれど観ていてモヤモヤした。この歳になってこういう作品を観ると内容が他人事には思えなくて純粋には楽しめなかったりする。辛いなぁと思うけど、逆に歳を重ねてから観ることで楽しめる作品も世の中にはあるんだろうなぁと思ったりした。そういえば「結婚できない男」の主題歌のスイミーが素晴らしかった。曲自体は聞いたことがあったけどこのドラマの主題歌だとは知らなかった。

 

結婚できない男」を観終わった後は1時間ぐらい寝た。12時前に目覚ましをセットして。そして12時前に起き、PC、スマホの2台態勢で乃木坂のライブチケット争奪戦に臨む。一般販売分なので先着。6thバスラでも同様の経験をしているため始まる前からやや鬱だった。またひたすらF5を連打する無の時間を過ごすことになるのかと。12時になり、いざチケット販売サイトにログインしようとするもやはり入れない。そしてF5連打から1時間後ようやくログイン。しかしチケットは完売状態。泣いた。返せよ俺の1時間。ただ、今回のライブは選抜ライブ、アンダーライブ、四期生ライブと分かれており完売していたのは選抜ライブ。四期生ライブは余っていたのでそちらを購入することにした。多分心のどこかで1時間無駄にしたという気持ちを埋めたかったのだという思いも少しあったのだと思う。

 

チケット争奪戦後は昼食を食べに外出。目的地は神保町のカレー屋ボンディ。そしていざ店に到着してみると2時半という時間にもかかわらず長蛇の列。並ぶ店だと知らず来てしまったのでやや面食らった。そこから30分近く待つ。待っている時間で読みかけの本を一冊読み終えた。そして店内へ。ビーフカレーを食べた。カレーとともにジャガイモが別皿で2つ来た。こういう店もあんのかー、イキってんなーと思いながらジャガイモを食べた。

 

カレーを食べた後は神保町をふらふらと散歩した。散歩していたら猫に関する本だけの書店があった。さすが本の街。これで看板猫でもいたら完璧なのでは、と思いつつ店内に入るもおらず。まあ現実なんてそんなもの。本屋を出て飯田橋まで歩いた。音楽を聴きながら歩きたい気分だったので。色々聴いてたらでんぱ組.incの「あした地球がこなごなになっても」が流れてきた。でんぱ組.incで一番好きな曲だったりする。MVも好き。ジャケットも好き。浅野いにおさんの絵が可愛い。

 

そんなこんなで飯田橋から電車に乗り、帰宅。帰宅後は2005年のM-1を見た。最近は過去のM-1を遡って見ている。面白い。そして夕飯を食べて今に至る。

 

一日が終わるのは早い。明日も頑張ろう。

 

 


でんぱ組.inc「あした地球がこなごなになっても」MV Full

 

欅3周年

欅坂46の3周年記念ライブに行ってきました。会場は大阪なので開催が発表されたときは行けないなーなんて思ってたんですけど、ライブビューイングがあったのでそれで見てきました。結構良いライブだったので適当に感想を書きます。

まず今回のセットリストについて。

 

M1.サイレントマジョリティ

M2.世界には愛しかない

M3.二人セゾン

M4.音楽室に片想い

M5.僕たちの戦争

M6.渋谷川

M7.Nobody

M8.手を繋いで帰ろうか

M9.制服と太陽

M10.誰のことを一番愛してる?

M11.東京タワーはどこから見える?

M12.結局、じゃあねしか言えない

M13.ごめんねクリスマス

M14.ヒールの高さ

M15.100年待てば

M16.アンビバレント

M17.風に吹かれても

 

【アンコール】

EN1.シンクロニシティ

EN2.危なっかしい計画

 

【ダブルアンコール】

WEN1.W-KEYAKKIZAKAの詩

 

こんな感じでした。気になった曲ごとに書きます。

 

M1.サイレントマジョリティ

しょっぱなこの曲ってのはやっぱりテンション上がりますね。会場も良い感じに盛り上がっていたのを覚えています。センターの平手が黒い羊のMVのときから髪が少し伸びててかっこいいなーってなりました。また、見てると普通に2期生が参加してることに気づきました。加入して間もないのに良く溶け込んでました。良かったです。

 

M2.世界には愛しかない

この曲実は結構好き。イントロで平手が叫ぶところでオタクが叫ぶのも好き。僕は叫びません。

 

M4.音楽室に片想い

ライブで初めて聞きました。ねる、小池、尾関のユニット曲ですね。バスルームトラベルに比べて尾関、小池パート少なくない?って若干不満に思ってた頃もかつてありましたが、今回はねるの卒業も近いということもあったのでどうでもよくなりました。ねるが卒業するとこのユニットもなくなるのかぁと思うと聞いてて少し寂しくなりました。

 

M6.渋谷川

ゆいちゃんずの楽曲です。ゆいぽんがソロで歌ってました。今泉が抜けても披露してくれたので嬉しかったです。今後2期生と披露することとかになったらアツいです。武元とか今泉を尊敬してるらしい森田あたりにやってほしいです。

 

M7.Nobody

この曲盆踊りっぽさありますよね。

 

M14.ヒールの高さ

菅井、守屋のユニット曲です。これもそこそこ好き。最近二人が大人っぽくなってきてて曲とも良い感じにハマってました。

 

M15.100年待てば

ねるのソロ曲です。今回のライブでは他のメンバーがバックダンサーとして踊って全員参加って感じでした。皆めっちゃ笑顔で踊ってました。若干泣きそうになっちゃいましたね。

 

M16.アンビバレント

最高でした。皆ノリノリでしたね。途中平手がすげーノってて笑顔がモニターにアップで映ったときは会場のオタクが高まりすぎて叫んでました。

 

EN1.シンクロニシティ

この曲、乃木坂の楽曲の中でもTOP3に入るぐらいには好きなのでイントロかかった瞬間に高まりました。事前に1日目、2日目のライブで披露してたのは知ってたので多分来るだろうなーとは思ってたんですけどそれでもめちゃくちゃ高まりました。パフォーマンスは文句なしって感じでした。振付は乃木坂の美しさ、上品さを求めた感じとは違う感じでした。振付を少なくして密度を上げた感じというか。あと平手をめちゃくちゃ際立たせてるところとか。乃木坂のシンクロニシティとはまた別の良さがありました。たまにはこういうのも良いですね。この曲をセトリに入れるのはなかなか勇気がいると思うんですけど、入れてくれて良かったです。

 

EN2.危なっかしい計画

これも最高でした。いつもは志田がやってた掛け声を2期生の松田がやってました。頼もしかったです。あとねるが途中泣きそうになってました。俺がねるだったら多分泣いてると思う。

 

【まとめ】

良いライブでした。黒い羊、不協和音、避雷針などの暗めな曲はあまり披露されなくて終始明るくポップな感じのライブという印象でした。一応アニバーサリーライブなのでお祝いっていう意味合いを強くしたかったんでしょうね。良いセトリだったと思います。武道館ライブも行きたいです。

 

それでは。

 

2019年。

こんばんは。今年の目標書きます。正直わざわざブログに書く必要あるんかなーって感じもあるけど文字で残しておくと何となくやらなきゃ感が出てくるということにここ最近気づいたので今年も書きます。目標は以下5つ。

 

①映画80本見る

②本めっちゃ読む

netflixをもうちょい活用する

④演劇めっちゃ観に行く

⑤風邪をひかない

 

こんな感じで2019年駆け抜ける予定です。なんとも内向きな目標です。もうちょい外にも目を向けてバランス良く生きるべきなんでしょうね。

 

それでは。

2018年良かったもの色々

こんばんは。今年良かったものをジャンルごとに挙げていくやつやります。

実はこれブログ始めてから毎年欠かさずやってます。地味に楽しいです。

ではまず映画から。

 

【映画】

・生きてるだけで、愛

犬猿

レディ・プレイヤー1

寝ても覚めても

四月の永い夢

・search

カメラを止めるな!

・シュガーラッシュ・オンライン

・真っ赤な星

ペンギン・ハイウェイ

 

今年公開の作品で10挙げるならこれ。今年も良い作品がたくさんありました。この中だったら「生きてるだけで、愛」が一番好みの感じでした。次点で「寝ても覚めても」。寝ても覚めてもってまずタイトルが良いですよね。エモです。

あとここには挙げてないですけど、ボヘミアンラプソディとか万引き家族とかも、もちろん面白かったです。

 

【音楽】

・乃木坂、欅坂の曲全般

・hair salon / she is summer

・POP VIRUS / 星野源

・Memories to GO / the band apart

 

音楽はこんな感じですかね。下3つは全部アルバム名です。今年は乃木坂、欅坂にハマりすぎて他のアーティストの曲をほとんど聴いてないんですよね。皆さんも坂道の楽曲聴いてみてください。めちゃ良いので。

2つ目に挙げてるshe is summerは今年ライブも行きました。また来年も行きたいところです。

 

【本】

・ナナメの夕暮れ

・天才はあきらめた

コンビニ人間

・乱反射

 

今年読んだ本の数をちゃんと記録してて、どれぐらいかなーって思って見たら50冊近く読んでました。でも良かった本は?って問われると意外と出てこないです。乱反射の著者の貫井徳郎の本は何冊か読んだんですけど、どれもそこそこ面白かったです。陰キャが好きそうな感じなのでオタクにオススメです。来年も今年ぐらい本を読みたいです。

 

【ゲーム】

・ソウルシリーズ

ゼルダ

・P5

 

最近結構ゲームしてます。話題作はとりあえずやるかーぐらいの精神で色々手を出してます。ソウルシリーズはダクソ1、3、ブラボをやりました。どれもめちゃくちゃ面白かったんですけど個人的にはブラボが一番ストレスなくプレイできて楽しかったです。ゲームシステムの違いでしょうね。

来年はKH3が楽しみです。それまでになんとか今やってるゼルダを終わらせたいところです。

 

●まとめ

今年も良い一年でした。

生きてるだけで、愛。

こんばんは。

この前生きてるだけで、愛。観てきました。

感想書きます。


これは鬱で引きこもりの寧子とその寧子と同棲する出版社で働く津奈木の2人の関係性を描く物語です。この映画における寧子は鬱で引きこもりで社会的にははみ出し者で普通とは違う人として描かれてた訳なんですけど自分はこの主人公にものすごく共感しました。この主人公に共感できるか否かが作品の評価に直結してる気もしてます。寧子は引きこもりではありますが作中なんやかんやで喫茶店のバイトを始めます。最初こそ遅刻したり仕事でミスをしたりと上手くいきませんが次第に慣れ、周りの従業員とも打ち解けてきます。ですがある日のバイト終わりの従業員との食事の中で自分と周りの人との価値観の違いに気づいてしまいます。ここでの寧子の心の葛藤がわかるな〜って感じでした。周りに悪い人はいなくてむしろ良い人ばかり。そんな状況の中で自分だけ感覚がズレてる。それでなんだか会話が辛いなぁと感じる。自分もこの状況無限に経験してきたので見てて辛かったです。自分と感覚が合わない人が世の中にはたくさんいるってのはわかるし、合わなければ合わせる努力も多少はしなきゃいけないってのもわかるけどそれが上手くいかない。だから生きてて辛いなぁと感じることが多い。でも主人公の寧子はそこで感じた不満を溜め込まないで言葉にして同棲している津奈木に伝えていました。理解してくれるかどうかは別として話を聞いてくれる人が側にいることは大切だなぁと思ったり。そして津奈木も良い役でした。普段津奈木は寡黙で寧子の話もとりあえず聞いて相槌をうつぐらい。でも仕事で上司に楯突いたりと意外と芯のあるカッコいい役でした。津奈木は寧子と違って寡黙で淡々としてて上手く社会に溶け込んでいるように見えるけど多分それは我慢してるだけで寧子の持っているような生きづらさを多少なりとも持っているのだろうなぁなんて思いました。

2人ともとても人間臭くて良いなと思いました。


演出もすごく良かったです。作中で度々出る夜の街並みも綺麗で劇伴も良く、ラストの2人がお互いの気持ちを伝え合うシーンも最高でした。


この作品、去年見た勝手にふるえてろと似てるなと思いました。少数派、もしくは声の小さい多数派の心情が上手く描かれているタイプの作品だなと。

良い作品に出会えて良かったです。それでは。

坂道

年を取れば色々な物事に対する興味は徐々に薄れていくものなのかなーなんて昔は思ってたりしました。周りの大人を見ながら。そして自分自身も最近今まで好きだったアニメや声優への興味が薄れていっているなーと実感していて、「あぁ、とうとう自分も大人になってしまったのかなぁ」なんて思ってました。じゃあ今までアニメや声優に費やしていた時間やお金は今何に対して費やされているのか。アイドル(乃木坂、欅坂)なんすよねこれが。今回はこの2つのアイドルグループについて適当に書きます。

 

まず欅坂46。このグループに関してはデビュー曲のサイレントマジョリティーのMVが公開された辺りから知ってました。初めてMVを見たときはサビの平手がかっこよすぎてビビりました。あと普通に曲がかっこよくてアイドルっぽくないなーなんて思ってました。と、まあこんな感じで欅坂を知るわけなんですけどその後はそんなに追ってなくて、新曲が出たら一応MVをチェックするぐらいだったんですよね。じゃあハマるきっかけは何だったのか。それがけやかけなんすよね。けやかけ(欅って書けない?)ってのは欅坂46の冠バラエティー番組です。この番組、バラエティーとしては微妙ですけどメンバーの個性が見える感じの番組なんですよね。このけやかけを見て良いメンバーいっぱいいるやん、ってなって曲もちゃんと聴くかーってなってハマりました。皆さんも是非見てみてください。毎週日曜の深夜にこっそり放送してます。

 

次は乃木坂46。乃木坂は欅の後にハマりました。周りのオタクにけやかけ面白くない?って聞くと乃木中の方が100倍面白いよみたいなことを言われたので乃木中を見て見事にハマりました。見ていて欅とは随分雰囲気が違うなーと感じました。彼女らの雰囲気や個性が曲にも反映されてるのかなあなんて思ったり。あと乃木坂はバラエティーきっかけでハマったんですけどなんだかんだで曲も結構聴くようになりました。良い曲いっぱいあるんすよね、これが。個人的にはきっかけ、Threefold choice、バレッタあたりが好き。MVならインフルエンサーシンクロニシティ

 

両アイドルグループにはまった経緯とかはこんな感じ。今欅は平手がいなかったり、乃木坂は生駒が卒業したりと何かと大変だろうけど頑張ってほしいところです。

 

ちなみに欅の推しは尾関梨香、乃木坂の推しは生田絵梨花です。対よろ。

 

2018年はこんな年にしたい。

こんばんは。新年明けちゃいましたね。めでたいめでたい。暇なので今年の目標をちまちまと書いていこうと思います。

ちなみに去年の目標は

①映画100本観る

②仕事を辞めない

③趣味を一つ増やす

の3つでした。結果として③以外は達成出来たので、まあぼちぼちって感じですかね。趣味を増やすって予想以上に大変ですね。かなり能動的に動かないと厳しいのかな~なんて思いました。多趣味の人ってすごいなーとも思いました。では去年の振り返りはここまでにしてそろそろ今年の目標を挙げていきます。

 

今年の目標は

①映画120本観る

②(仕事以外の)本をたくさん読む(15冊ぐらい?)

③仕事頑張る

④趣味を一つ増やす

⑤もうちょいアクティブになる

 

の5つにします。去年とそんなに変わらない気もしますけど欲張り過ぎるとどれも中途半端になると思うのでこんな感じで。②の本をたくさん読むが15冊って舐めてんのかって感じる人もいるかと思いますがまあ僕自身普段全然本を読む方じゃないので許してほしいです。

ちなみにこの中だったら⑤を一番頑張りたいです。去年自分から行動して良かったなーってことがいくつかあったので今年はその機会を増やしていきたいなーって思います。失敗を恐れずに生きていきたいですね。

 

 

 

 

 

それでは~~~~~~~~~